最新情報一覧 : 税金

固定資産税の清算

固定資産税と都市計画税の清算についてお話ししたいと思います。

固定資産税と都市計画税はその年の1月1日時点の所有者に対して
1年分が課税され、納税義務があります。

不動産の売買にあたっては、お引渡日に日割精算をして
売主と買主とで税額を負担し合うことが慣例になっています。

日割計算を行うにあたっては1月1日を起算日にするケースと
4月1日を起算日にするケースがありますが
関東圏では1月1日を起算日にしているところが多いようです。

例えば平成25年6月21日に不動産の引渡しが行われた場合で
その年の固定資産税・都市計画税額が100,000円だったとします。

平成25年1月1日を起算日に
平成25年1月1日~平成25年6月20日までを売主様が負担し
平成25年6月21日~平成25年12月30日までを買主様が負担します。

売主様 100,000円×171日/365日=46,849円
買主様 100,000円×194日/365日=53,151円

納税義務者はこの年の1月1日時点での所有者の売主様となるので
1年分の税額の100,000円は売主様が支払いをします。
そしてお引しの日に53,151円を買主様から売主様にお支払いをして
精算するような形をとります。

 

総栄建設ホームページ
http://www.e-souei.co.jp/baibaiall/