不動産についてよくあるご相談

不動産管理について

空家、空地になった不動産の管理が大変
空家や土地などは管理をしないと、草木が伸びて荒れたり、火災や台風などにより、近所のご迷惑になってしまうこともあります。
また、不動産を所有しているだけで、毎年、固定資産税を支払う必要があります。弊社は不動産の売買だけでなく賃貸や駐車場の管理も行なっているので、売却以外の方法も比較検討していただけます。お気軽にご相談ください。

リフォームについて

ソーエーでは建築・リフォームもできる強みがあります。
弊社は不動産業はもちろん、建築やリフォーム業も直接弊社で行っております。
例えば土地を売却する際には建物の参考プランなどを作り、お住いをお探しのお客様にご提案することができます。
中古物件であれば、購入を検討されているお客様にリフォームを合わせたご提案をすることができます。そうすることにより、漠然とした土地だけのイメージや、中古物件のイメージから、より住むイメージが具体化され、購入を検討されているお客様の購入意欲が高まります。

住み替えについて

自宅の住宅ローンが残っていても、住み替えはできるでしょうか?
住み替えできるかどうかは、今の住宅ローンの残債務の額と、ご自宅がどのぐらいの金額で売却ができるかで、おおよそ分かります。その点が分かれば、次の住まいにいくら程予算を組めるかも分かってきます。また、売却する金額より、住宅ローンの債務額の方が多くても、ケースによっては住み替えも可能です。
住み替えの流れ、タイミングはどうなるの?
住み替えのパターンは大きく分けて3つの方法があります。
A1 新居に移ってから、自宅を売却する。
メリット:既に自分は新居に移っているため、自分のペースで不動産を売却することができます。また戸建やマンションの場合は、室内の状態によってはオープンハウスなどのイベントを開くことができ、比較的売却がしやすいというメリットがあります。
デメリット:自宅を売却する前に新居を購入できる程の資金能力が無いとこの方法は使えません。先に新居の購入を済ませるので、その後、自宅の売却金額が想定していた額より低いと、今後の資金計画に影響が出てしまいます。
また新居に引越しをした後、売却までに一定期間空いてしまうと、ケースによっては、本来使えた「不動産の売却に対してかかる税金の控除」が使えなくなることもあります。
A2 購入希望の物件を見つけてから、売却を始める。
メリット:購入希望の物件を先に見つけるため、自分の理想の住まいを探すことができます。
デメリット:購入希望の物件が先に見つかってもほとんどの場合、資金的な面で自宅の売却を終えないと新居を購入することができず、売主様はその売却を悠長には待ってはくれません。
そうなると、急いで自宅を売却する必要があります。急いで売却をするとなると、相場より低い価格で売却をする必要が出てくる可能性が高いです。
予め綿密に計画を立てておかないと、希望の物件が見つかっても自宅の売却が上手くいかず、住替えができません。弊社では、お客様の不動産の買い取りも致しますので、それを含めた資金計画のご提案もできます。
※条件によっては買取りできない場合もございます。予めご承知おきください。
A3 売却を先行して行ない、買い手が決まってから、次の住まいを探す。
メリット:売却を先行するので、ある程度自分のペースで売却をすることができます。
デメリット:自宅の買い手が決まってから次の住まいを探すため、一定の期間内で次の住まいを見つけ、希望の物件を見つけなければなりません。
その間に必ず良い物件が見つかるとも限らないので、1度賃貸などで仮住まいをする覚悟も必要かもしれません。
仮住まいについてもサポートさせていただきます。(仲介手数料無料等サービス)
建替えか住み替えか迷っている
弊社では建築も行っております。【建築ホームページ】
住み替えと建替えの違いについてもお話しさせていただきます。
また、弊社で建築いただけた場合には、建替え中の仮住まいのサポートもさせていただきます。(仲介手数料無料等サービス)

相続について

相続を受け、どうすれば良いか分からない
まずはご相談ください。弁護士や税理士などと連携してお悩みを解決致します。

ローンのお支払いについて

現在のローンの支払いに不安がある
住宅ローンの支払いが滞ってしまうと、最終的にはご自宅が差押えられてしまい、そのまま進むと競売という形で、強制的に売却をされてしまいます。
競売で売れる金額は通常、相場の価格より安い金額になることが多いです。そうなる前に、なるべく高い金額で売却をし、月々の支払の負担を減らす方法を考えましょう。
今時点で売却を考えていない方も、お客様の状況に合ったご提案をさせていただきます。
まずはお気軽にご相談ください。