総栄建設株式会社 ソーエー
9:00~17:00
火曜日・水曜日
2021年05月17日
木村ブログ

床下地の補修、今がチャンス!

現在リフォーム中のお部屋のダイニングキッチンの床です。

床材を貼りなおすことにしたので元々の床材を剥がしました。

床材はクッションフロアといわれるビニール系の材料で

トイレや洗面所の床にもよく使用されています。

床の一部がたわむ

古い床材を剥がす前に床の一部が少々たわむのに気が付きました。

その部分を歩くとちょっとだけ沈むような感覚がありましたが

気にするか気にしないか、そんな程度のたわみでした。

将来を考えて

たわみが今後悪化していく可能性も十分あります。

新しい方が入居してからの改修は大変なので

空室リフォーム中の今、下地板を補修することにしました。

写真の明るい色の部分が新しい下地板です。

ここでも分業です

古い床材を剥がしたり、新しい床材を貼るのは内装の業者さんですが

今回の床下地の補修は大工さんです。

前回お話したドアノブと同様、またもや専門の人が異なります。

この記事を書いた人
木村 進 キムラ ススム
木村 進
arrow_upward