総栄建設株式会社 ソーエー
9:00~17:00
火曜日・水曜日
2021年05月31日
家が建つまでの工事のブログ

1階の床組みの様子です。【躯体工事】

基礎パッキンを配置し調整板をセットします。

次に土台を固定するためのアンカーボルトが通る穴を空けます。
LVL土台(積層材)を使用している為、竣工後に土台が乾燥で痩せ、ナットが緩む事がありません。

強度も無垢材に比べ1.5倍の強度があります。

鋼製束を立てます。

直下に基礎がない部分には鋼製束を立てます。

910㎜の範囲内で床を支えています。

基礎パッキンの無い部分から床下の換気が行われます。

床下断熱材を入れます。

土台が組みあがると、その間に断熱材を敷き込みます。

隙間なく敷きこむことが重要です。

1階の床組みが完了しました。

土台に床専用接着剤を塗り、床合板を釘で留めつけます。

1階の床合板の厚みは28㎜あるため、1枚でも非常に重いです。
大工さんのパワーには驚きます。

そして、1Fの床組み工事が完了しました。

この記事を書いた人
竹谷文孝 タケヤフミタカ
竹谷文孝
photo

建築用地をお探しの方へ。新着土地情報を自動でお届け!

arrow_upward