総栄建設株式会社 ソーエー
9:00~17:00
火曜日・水曜日
2021年06月07日
家が建つまでの工事のブログ

1階の天井根太を取付ます。【躯体工事】

この写真で天井部にある木材は前回ご紹介した2Fの床根太です。

2F床面を支える材料です。

壁際部分、床根太間に金物が取り付けられています。これは、1F天井根太を取り付けるための金物です。

天井根太の様子です。

金物に、2×6(ツーバイシックス)材をはめ込み、釘で固定します。

1F天井根太は、2F床に接することなくつられた状態です。

これは、上階の床衝撃音を直接伝えない為の工法で吊天井と言います。床根太、吊木が交互に並んでいます。

2階の壁材が搬入されました。

主要な材料は、工場で規格に合わせてカットした状態で、搬入されます。大工さんがこれらを指定の場所に振り分け組み立てていきます。

2階の壁組が始まりました。

床面に木材を並べ壁パネルの枠組みに入りました。

床面の角は直角に造られている為、そこに合わせて枠を組み、縦に起こせば垂直になる理屈です。

床面は、作業台であり、大きな定規にもなります。

この記事を書いた人
竹谷文孝 タケヤフミタカ
竹谷文孝
photo

建築用地をお探しの方へ。新着土地情報を自動でお届け!

arrow_upward