総栄建設株式会社 ソーエー
9:00~18:00
火曜日・水曜日
2019年09月22日
ブログ

外壁メンテナンスの必要性 

「10年に一度は外壁塗装を行ったほうが良い」といった話を耳にしたことがあるかと思います。10年ぐらい経つとさすがに何かが、何処かが傷んできていると言う経験から生まれたことなのかもしれません。また10年ぐらい経ってくると塗装業者が訪問してくることも多くなるのではないでしょうか。雨漏りの心配をあおる訪問業者が来たことで心配になってご相談いただいた事もありました。

ご存知ですか、防水シート

一般的に木造住宅は外部の仕上げと別にその奥に防水シートなどによる防水対策が施されています。この防水シート施工が完全であれば、外壁のサイディングや外壁モルタルが表面的に劣化してきても直ちに雨漏りに繋がるとは限りません。劣化部分や異常部分があったとしても過度に心配する事はありません。それが雨漏りに繋がるかは冷静に分析しなければなりません。

外壁の劣化には用注意

しかしながらサイディングやモルタルといった外壁材自体の劣化はどんどん進んでいきます。劣化部分(サイディングとコーキングの剥がれた部分やモルタルの亀裂など)に水が滞留し腐朽してきます。サイディングの場合ボロボロと剥がれ落ちてしまいます。この段階まで進むと元の形状に戻すには貼替しかありませんが、モデルチェンジの早い製品の為同じ物はまず存在しません。現実的には剥がれかけている部分を取り去り、エポキシ系のシーラーで塗り固めて更なる劣化を食い止めるといった対処になります。剥がれてしまった為に出来た表面の凹凸形状などは修復できません。見た目は変わってしまいます。このような事態に陥らない為にも定期的なメンテナンスが必要になります。定期的なというあいまいな表現になるのは製品の基本性能や立地条件などによって劣化の進行具合は異なるからです。「いつまでに」と言った明確な基準がないだけに無意識のうちに月日が流れてしまいます。意識して外部を見回し、不安な場所があればメンテナンスについても検討する時期かもしれません。

この記事を書いた人
竹谷文孝 タケヤフミタカ
竹谷文孝
arrow_upward