総栄建設株式会社 ソーエー
9:00~17:00
火曜日・水曜日
2019年10月31日
街のお店

フランス仕込みのパティシエが創る「パティスリー マヤ ラベイユ」

幼稚園の頃からの夢がパティシエだったオーナーのマヤさん

フランスでパティシエ修行したから創れる、繊細なお菓子たち

Happy Halloween♪

こちらは弊社で月1回発行している「ソーエーNEWS」より、

今後は改めてHPでもご紹介させていただきます。

 

オーナー兼パティシエのまやさんはお菓子の専門学校卒業後、パティシエ修業のためフランスへ。パリ郊外で1年、パリで半年、リヨンで1年と約2年半の間、学生ビザから就労ビザへ切り換えて働いていたそうです。そして2016年6月にご自身のお店をオープン!実は甘いもの苦手なまやさん(笑)幼稚園からの夢がパティシエだったそうで、見事夢を実現されています!スゴいです!

ちなみに店名の由来は『みつばちマーヤ』で、フランス語の「ラベイユ=みつばち」、「マーヤ=まや」とたまたま名前が一緒だったので自己紹介した時フランス人に言われたんだそう。

そんなまやさんにフランスでの思い出を尋ねると笑いながら「リヨンで働いてたお店がとても楽しかった」とのこと。
フランスのパティシエは男性が多く、ムキムキのマッチョマンが繊細なお菓子を創りだすそのギャップが面白いって(笑)そのリヨンで働いてたお店というのが新宿伊勢丹にも入ってる有名店「セバスチャン・ブイエ」
店頭にはお店が載った本が飾られてるのでご興味ある方はぜひ!英語とフランス語で書かれてました〜。

今月10月は“ハロウィンケーキ”が盛りだくさん♪
10月最後の一週間はすべてのケーキがハロウィンケーキになるそうなので賑やかになりそうで楽しみ〜

前回人気の「かぼちゃタルト」、かぼちゃクリームの中にプチシューが!
個人的なオススメは大好きな組み合わせの「ショコラフランボワーズ」
チョコムースの中にはたっぷりのラズベリーソースだけど甘すぎなくて軽い食感!現在25種類ある生菓子は基本的にどれも甘すぎないので食べやすくて、何個でも食べれてしまいそう(笑)

今後もフランスらしい繊細なお菓子を出していきたいと語ってくれました。店頭に並ぶ日が待ち遠しいですね♪

~ソーエーNEWS 2017.10月発行より~

*こちらは2年前の記事をそのまま掲載しているため、現況と異なることがございます。ご了承ください。

実籾駅北口から徒歩5分ほど

■Patisserie Maya L'abeille

 (パティスリー マヤ ラベイユ)

【住所】習志野市実籾4-4-1 アルフラット

【TEL】047-409-9955

【時間】10:00~20:00

【定休日】毎週木曜日、水曜日(不定)

arrow_upward