総栄建設株式会社 ソーエー
9:00~18:00
火曜日・水曜日
2019年07月01日
ブログ

住まいのカビ対策 

冬が過ぎ、春になると過ごし易い日々が続きますが、それは、人間だけでは有りません。
湿度も上がってきてカビにとっては最高の季節となります。カビ取り剤などもありますが
まずカビを繁殖させない事が最も害の無い方法です。梅雨を迎える前に、カビ対策を確認する必要があります。

乾燥していて清潔な所にカビははえない


カビが好む物は湿度、栄養分(石鹸カス、汁物の汚れ、アカなど)です。
つまり、乾燥していて清潔な所にカビははえないということになります。後は具体的にどうすれば良いかです。対策として具体例を挙げてみます。

具体的な対策は

○雨の日以外は窓を開けまめに換気する。(雨の日には換気しない。湿気の流入防止)

○天気の良い日は、押入れ、下駄箱の扉を開け、風を通す。

○押入れは、詰め込みすぎない。

○ふとんや、マット類は湿度を保ちやすいので、まめに干す。

(冬はお昼から3時頃まで、その他は10時頃から3時頃まで。それ以外は湿度が上がってくる為)

○室内に洗濯物を干さない。室内干しの際は除湿機を併用する。この際、扇風機も併用し除湿機の空気を洗濯物に当ててやると効果的。

○エアコン始動時は、送風にし、窓を開けてしばらく換気する。(フィルターのカビの拡散防止)エアコンフィルターを掃除(水拭き、水洗い)

○水槽や、観葉植物も水分を発生しているので風通しの良い所に置く。

○掃除機の性能を確認する。ヘパフィルターなどカビの胞子を集塵できる物ならOK。能力不足の場合、カビ胞子が拡散することになります。

○浴室は、入浴後、シャワーを使って石鹸カスや湯垢を洗い流す。最後、冷水をかけ壁の温度を下げる。水分をふき取り、換気扇を1時間以上回し、完全に乾燥。

これら、ご存知の方も多いとは思いますが、再確認に役立てていただければと思います。

この記事を書いた人
竹谷文孝 タケヤフミタカ
竹谷文孝
subdirectory_arrow_right

関連した記事を読む

arrow_upward