総栄建設株式会社 ソーエー
9:00~18:00
火曜日・水曜日
2019年09月07日
物件売却

販売価格の決定

不動産屋さんに査定してもらったら、いよいよ販売価格を決めて販売開始です。

価格のつけ方については、その状況によって異なります。

安めと高めの価格では、当然安めの価格の方が早く売れる確率は増えます。
そこで、売り出しの際は、価格に幅を持って考えるといいでしょう。

まず、売却の期間を決めます。

3ヵ月以内にお客さんを見つけると決めた場合には
その期間内の活動予定を定め、一定期間内に売れなければ、
価格を見直し、それでも売れなければまた見直す、
これを3ヵ月というサイクルの中に組込み販売していきます。

この場合、最初の売出し価格が高めでスタートしても、
3ヵ月近く経ってお客さんが付かない時には、
想定していた最安値に近い金額になる可能性が高い
ということになります。

またもし直ぐに換金しなければならない場合には期間を短く設定します。

その場合にはあまり小刻みに価格変更するというのは難しいので
最初から下限に近い金額で売り出すことが重要になります。

どの位の期間で売り切るかをイメージしておく

しかし、急いでいなければ市場の状況をみながらゆっくりと下げていくことで
条件のいいお客様を見つけることが出来るかもしれません。

これは現在のように価格の下落の心配が少ない時期には有効な方法です。

昔あったバブル崩壊のような時期ですと
うっかりタイミングを逃すと市場の相場の下落が大きく、
イメージしていた金額よりも安くなってしまうということがありました。

その時代によって市場の動きも違うので、その時に合わせた売り方というのもあります。ただ、現在は時間的余裕のある方にとっては売りやすい時期だと考えられます。

とはいえある程度販売の目標期間を定めて活動しないと、いつまでも売れない出回り物件になってしまうので、目標期間は決めた方がいいでしょう。

出来ることなら長くとも6か月以内位の期間で決着する方が間延びしなくていいかと思われます。

不動産売買は1月から3月は活発に動きます。

不動産の売れる売れないは、時期的な要因も大きいので考慮するといいでしょう。

1年の中で、年度末の近い1月から3月は不動産の動きが活発になります。

その時期なら多少強気の金額でも売れる場合もあります。

売却方法に関しては、売主さんの考え方がポイントになります。

売ることが決まったら、金額にあまりこだわらず早く売りたいという方は
直ぐ売れそうな金額で最初から売り出すのがいいでしょう。

一方、早く売ることを考え過ぎて、もう少し高く売れたのではないかと後悔したくない方は、希望の金額からスタートして、売れなければ時期をみて価格を見直せばいいと思います。

いずれにせよ価格に「絶対」は無いので、査定の価格を参考にして、ご自分の状況に応じて設定するのがよいでしょう。

この記事を書いた人
竹谷 嘉夫 タケヤ ヨシオ
竹谷 嘉夫
総栄建設の竹谷嘉夫です。私は不動産業の仕事を約30年やっております。 若いころはサラリーマンとして大手の不動産会社で走り回っておりました。 特にバブル崩壊後の不動産が下落し売れないと言われる時期を 長く経験してきたため、不動産物件を売るということを得意としております。 普段は運動することと食べることの好きな男です。あとお酒もどちらかというと 好きな方です。とにかく人とワイワイ楽しむのが好きな性格です。 ぜひ不動産についてのご心配事や疑問はもちろん、気になっている飲食店のお話、マラソンのお話、ダイエットのお話等 何でも結構です。お気軽にお声がけいただければ幸いです。
subdirectory_arrow_right

関連した記事を読む

不動産査定のお問合せ

Inquiry for assessment
物件種別
現況
必須
郵便番号
  例 100㎡または30坪
  例 マンションの場合には専有面積をご記入ください
  例 平成○○年または20○○年 
所有者ご名義
必須
例 総栄 一郎
例 そうえい いちろう
郵便番号
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward