総栄建設株式会社 ソーエー
9:00~18:00
火曜日・水曜日
2019年09月20日
物件売却

物件の特徴を見出す

物件を売るために重要なことは、広告宣伝をして多くの方に知ってもらうことです。しかし、何がセールスポイントなのかがわからなければPRは出来ません。

そこでまず、物件の特徴を洗い出すことが重要です。

その際大切なのは良い点ばかりに注目して、探さないことです。

メリットもデメリットもまずは特長として挙げてみます。

その中から、この物件を求める人に突き刺さるようなキャッチコピーを考えていきます。

デメリットも見方を変えればメリットに

すると一見デメリットと思われるようなポイントもメリットになることがあります。

大切なことは、その物件を欲するであろう人をイメージし、何を求めているかを考えながら、コピーを考えることです。

売却活動をする不動産業者にはそのセンスが求められます。

したがって物件をただの物として売ろうと考える営業マンより、自分の家族や友人が家を探すならどんなポイントに興味を持つだろうということを意識しながら物件を売る営業マンの方が、成約になる確率は高まります。

見せ方や表現の仕方が変われば、物件を価格だけで判断される可能性が低くなるのです。

ゴミ置場に隣接しているのはメリットそれともデメリット

今までの取引の中で、全く反対の反応をお客様から頂いた経験があります。

その一番わかりやすい例が一戸建てのゴミ置場です。

一般的に一戸建ての分譲地には居住者が利用するゴミ置場が分譲地内に設置されます。
このゴミ置場に隣接する一戸建てを見に来られたお客様の反応が2つに分かれました。

まず、想像がつきそうな文句としては、ごみ置場が近いからこの物件は遠慮したいという感想です。

しかし、そうではなく、ごみ置場が近いからゴミを捨てに行くのがとても楽で便利というお客様もいらっしゃるのです。

もちろんゴミ置場の衛生状況にもよりますが、両者の言い分は理解できます。

これは、メリット・デメリットをどう考えるかの問題です。

このケースでは、デメリットが「汚れや臭気」、メリットが「近くて便利」ということになります。

つまりメリットが優先されるかデメリットが優先されるかでその物自体が良くも悪くも見えるのです。

したがって不動産のPRでは特徴からどのようなメリットを見出せるかというところが重要なポイントとなるのです。

この記事を書いた人
竹谷 嘉夫 タケヤ ヨシオ
竹谷 嘉夫
総栄建設の竹谷嘉夫です。私は不動産業の仕事を約30年やっております。 若いころはサラリーマンとして大手の不動産会社で走り回っておりました。 特にバブル崩壊後の不動産が下落し売れないと言われる時期を 長く経験してきたため、不動産物件を売るということを得意としております。 普段は運動することと食べることの好きな男です。あとお酒もどちらかというと 好きな方です。とにかく人とワイワイ楽しむのが好きな性格です。 ぜひ不動産についてのご心配事や疑問はもちろん、気になっている飲食店のお話、マラソンのお話、ダイエットのお話等 何でも結構です。お気軽にお声がけいただければ幸いです。
subdirectory_arrow_right

関連した記事を読む

不動産査定のお問合せ

Inquiry for assessment
物件種別
現況
必須
郵便番号
  例 100㎡または30坪
  例 マンションの場合には専有面積をご記入ください
  例 平成○○年または20○○年 
所有者ご名義
必須
例 総栄 一郎
例 そうえい いちろう
郵便番号
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward