総栄建設株式会社 ソーエー
9:00~18:00
火曜日・水曜日
2019年09月29日
物件売却

物件のご案内

不動産の売却活動が開始されると、不動産会社は様々な広告活動を行い、お客様を物件にご案内します。

一戸建てを売却する場合、空家になってから売り出す場合と居住したまま売り出す場合があります。

ここでは人が居住している一戸建てをご案内する場合についてご説明いたします。

住んでいる状態で売り出す場合にも、メリットとデメリットがあります。

メリットとしては、実際に居住している売主さんの生の声を、購入希望者は聞くことができます。また、家具などが配置された状態なので、実際に自分が住んだ時のレイアウトなどがイメージしやすいなどの点が挙げられます。

一方デメリットとしては、室内が荒れていたり、物が多すぎる場合には物件本来の良さを半減させてしまうことや、売主の雰囲気や対応が好意として受け取られず、購入希望者が物件を避ける可能性があるということがあります。

大事なことは、やっぱり印象。

物件の広さ、陽当り、動線等を購入希望者は色々確認しますが、中古物件の場合には、そこにどんな方が、どのように住んでいたかについても非常に気にしています。

物件的に魅力的でも、どこか売主さんに対して好意が持てないような印象があれば、その物件を前向きに検討する可能性はかなり減ってしまうのです。

一方で、物件的に多少気になる点があったとしても、売主さんの住み方や人柄などに好意を持って購入されるという方もかなり多くいらっしゃいます。

やはり、中古物件の場合、買い手は、出来るだけ問題の無さそうないい物件が欲しいと考えているケースが多いので、その判断材料の中に、住人の住み方や人柄という内容が含まれるのだと思われます。

印象よく、住み手の目線で話をする。

物件の内覧があった場合、不動産会社の営業マンが説明しますが、やはり物件の細かい住み心地などは、居住者が一番知っています。

実際に住んでみて良かった点や、ここはちょっと気になっている点などを包み隠さず、お伝えすることで、購入希望者は安心して判断することができます。

ただ、注意しなければならないのは、説明し過ぎることです。メリットを伝えるといっても自慢話のようにひたすら話続けると、帰って印象が悪くなる場合もあります。

内覧者の質問に合わせて話したり、相手の反応を見ながら自然な形で話すといいでしょう。

当然のことながら、ご案内の際は笑顔で明るく自然体が基本です。

そして、室内の整理整頓も大切ですので、売却が決まったら、早めに断捨離しましょう。

色々書きましたが、要はご自分が購入者だったらどんな売主が安心できるか、どんな質問したいかを想像して対応すれば、うまくいくと思います。

ぜひ実践してみてください。

この記事を書いた人
竹谷 嘉夫 タケヤ ヨシオ
竹谷 嘉夫
総栄建設の竹谷嘉夫です。私は不動産業の仕事を約30年やっております。 若いころはサラリーマンとして大手の不動産会社で走り回っておりました。 特にバブル崩壊後の不動産が下落し売れないと言われる時期を 長く経験してきたため、不動産物件を売るということを得意としております。 普段は運動することと食べることの好きな男です。あとお酒もどちらかというと 好きな方です。とにかく人とワイワイ楽しむのが好きな性格です。 ぜひ不動産についてのご心配事や疑問はもちろん、気になっている飲食店のお話、マラソンのお話、ダイエットのお話等 何でも結構です。お気軽にお声がけいただければ幸いです。
subdirectory_arrow_right

関連した記事を読む

不動産無料査定のお問合せ

Inquiry for assessment
物件種別
現況
必須
郵便番号
  例 100㎡または30坪
  例 マンションの場合には専有面積をご記入ください
  例 平成○○年または20○○年 
所有者ご名義
必須
例 総栄 一郎
例 そうえい いちろう
郵便番号
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward