総栄建設株式会社 ソーエー
9:00~18:00
火曜日・水曜日
2019年10月04日
物件売却

不動産物件はどの位の期間で売れるの?

不動産の売却を開始すると気になるのが、一体いつ頃売れるのだろうかという疑問です。

物件が売れるかどうかは、基本的には物件が買い手にとって欲しいと思ってもらえるかどうかで決まります。

価格が相場よりも高い物件だったとしても、どうしてもその不動産を購入しなければならない理由があれば売れます。

例えば、親の面倒を見るために、実家の家の近くに購入しなけばならないといったような理由の場合には、その方にとっての不動産購入の優先順位が不動産価格でなく、実家の近いことになります。つまりその方にとっては、いくら安くてお買い得の物件を紹介されても、それが実家から近くなければ購入する意味がないのです。

同じようなことは、隣の土地が売りに出た場合にも起こります。

自宅を敷地を拡張できるチャンスが出てきたその時に購入しなければ、その土地は他人の手に渡ってしまい、次にはいつ売りに出るかわりません。このようなケースも価格が購入に及ぼす影響が小さいと言えます。

ただ、そのような特別な理由が無い場合には、自由競争の原理が働きます。

購入希望者が多い立地なら、短い期間で高く売れますが、希望者が少なければ、価格を下げることで物件に魅力を持たせる必要があります。

物件の立地や条件は変えられないが、価格は変えられる。

「不動産」は読んで字のごとく動かざる財産です。

つまり、その場所を変えることは出来ません。ましてや周囲の環境を自分の意志で変えることも当然不可能です。

ただ、価格だけは、自分の意思一つで簡単に変えられます。

なかなか買い手がつかない場合には、買い手にとって魅力的な価格になるように調整していけば、いずれはお客さんが現れるものです。

当たり前のように思われることですが、こうしたことをしっかり理解し、適切なタイミングで価格を見直していくことが早期売却に必要な動きだと認識しておきましょう。

直ぐに売りたい場合には、買取という方法もある。

不動産を直ぐに現金にしたい場合には、一般のお客様から買い手を見つけるより、不動産会社の買取が早いです。

ただし、不動産会社が買取るということは、次に転売することが前提になるので、一般市場で売買するより、当然価格が安くなります。
また、転売が困難な不動産は買取してくれないこもありますし、極端に金額が安くなるケースもあります。

これもまた優先順位の問題になりますが、とにかく早く換金することが第一であれば、買取を検討するのもいいかもしれません。

この記事を書いた人
竹谷 嘉夫 タケヤ ヨシオ
竹谷 嘉夫
総栄建設の竹谷嘉夫です。私は不動産業の仕事を約30年やっております。 若いころはサラリーマンとして大手の不動産会社で走り回っておりました。 特にバブル崩壊後の不動産が下落し売れないと言われる時期を 長く経験してきたため、不動産物件を売るということを得意としております。 普段は運動することと食べることの好きな男です。あとお酒もどちらかというと 好きな方です。とにかく人とワイワイ楽しむのが好きな性格です。 ぜひ不動産についてのご心配事や疑問はもちろん、気になっている飲食店のお話、マラソンのお話、ダイエットのお話等 何でも結構です。お気軽にお声がけいただければ幸いです。
subdirectory_arrow_right

関連した記事を読む

不動産無料査定のお問合せ

Inquiry for assessment
物件種別
現況
必須
郵便番号
  例 100㎡または30坪
  例 マンションの場合には専有面積をご記入ください
  例 平成○○年または20○○年 
所有者ご名義
必須
例 総栄 一郎
例 そうえい いちろう
郵便番号
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward