総栄建設株式会社 ソーエー
9:00~18:00
火曜日・水曜日
2019年11月03日
物件売却

告知事項

契約の際には、重要事項説明だけでなく、物件状況の確認(告知事項)も行います。

物件状況確認(告知)は物件の詳細を知らない購入者が、欠陥物件など購入するという不利益を被らないために行う大切な作業です。

物件の告知では真実を告知しないと後が大変

不動産の売買において、売主の義務となるのが物件についての告知です。

売買契約の前に、物件状況確認書という書類で確認します。

購入者はその物件についての詳細はわからないので、詳しく知る売主はそれをしっかり買主に伝え、誤解の無い形で売買がなされるよう行います。

確認する内容は主に、買い手が購入した後に不利益を被るようなものを指します。

一番わかりやすい例が、雨漏りなどです。これは住んでいる人は知っていますが、家を内見した短時間ではわかりにくいものです。

もし、この事実を売主が買主に伝えなければ、買主は購入後に雨漏りによる迷惑を被ることになります。つまり、今後修理を行わなければならないという不利益を抱え込んでしまうのです。

このようなことを防止するため、事前に様々な内容を告知することになっています。

具体的には、雨漏り、シロアリ被害、主要な部位の腐食、建物の傾き、給排水管の故障状況、境界状況、土壌汚染、地盤沈下、騒音振動、浸水、事件・事故・火災など様々です。

大きな解釈のポイントとしては、もし一般的な買主が、その事実を知ったなら、その物件を購入しなかったかもしれないと思われるような重要な事象については、告知事項に該当する可能性があります。

これを偽ってしまったり、告知しなかったりすると後々大きなペナルティとなって戻ってきますので、売り手は特に気をつけましょう。

悪いことも納得してもらっていれば大丈夫です。

告知とは自分の物件のマイナス点を買い手に伝える作業になってしまう側面がありますが、逆にしっかり伝えて理解してもらった上で購入していただけば何の問題もありません。

大切なことは良いこと・悪いことどちらも購入者が承知して売買がなされたかどうかという点になるのです。

この記事を書いた人
竹谷 嘉夫 タケヤ ヨシオ
竹谷 嘉夫
総栄建設の竹谷嘉夫です。私は不動産業の仕事を約30年やっております。 若いころはサラリーマンとして大手の不動産会社で走り回っておりました。 特にバブル崩壊後の不動産が下落し売れないと言われる時期を 長く経験してきたため、不動産物件を売るということを得意としております。 普段は運動することと食べることの好きな男です。あとお酒もどちらかというと 好きな方です。とにかく人とワイワイ楽しむのが好きな性格です。 ぜひ不動産についてのご心配事や疑問はもちろん、気になっている飲食店のお話、マラソンのお話、ダイエットのお話等 何でも結構です。お気軽にお声がけいただければ幸いです。
subdirectory_arrow_right

関連した記事を読む

不動産無料査定のお問合せ

Inquiry for assessment
物件種別
現況
必須
郵便番号
  例 100㎡または30坪
  例 マンションの場合には専有面積をご記入ください
  例 平成○○年または20○○年 
所有者ご名義
必須
例 総栄 一郎
例 そうえい いちろう
郵便番号
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward