総栄建設株式会社 ソーエー
9:00~18:00
火曜日・水曜日
2019年07月27日
よもやま話

地盤調査、重要です!

今回は地盤調査のお話です。

どんなに立派な家を建てたとしてもその家の地面が柔らかかったら・・・。地面の特性を知ることは建築行為においては基本中の基本です。しかしながら住宅において以前は地盤調査が行われず建築されることも珍しくはありませんでした。というより住宅の場合、殆ど地盤調査は行われていなかったのではないでしょうか。造成前は田んぼであったり水路の近くであったりする場合は要注意でしたがそれ以外では周辺の建物の状況を見て判断をしていたりしました。今ではちょっと考えられません。

今では必ず

そもそも地盤調査とは建物を建てる土地の固さを調べ建物に欠陥が起きないように基礎の設計をするための調査です。「住宅の品質確保の促進等に関する法律」が施行されてからは地盤調査は必ず行われるようになりました。地盤調査の方法はいくつかあります。皆さんが一番耳にするのは「ボーリング調査」でしょうか。ビルなど中規模以上の建物を建てる際に採用されます。地中の土のサンプルを採取することもでき正確な調査ができるのですが費用がそれなりにかかるので木造住宅建築の場合はほとんど採用されません。

住宅建築における主流

住宅の場合は「スウェーデン式サウンディング試験」という調査方法が主流です。機材もコンパクトで短時間で調査ができますので費用も安価です。原理を簡単に説明してみましょう。金属製の棒の先端にとがった部品を付けそれを地面に垂直に刺します。そして荷重をかけていき棒を地中に沈めていきます。簡単にスルスルともぐってしまえば柔らかい地盤ということになります。地盤の状態によっては荷重をかけ更にドリルのように回転も加えます。なかなか沈んでいかなければ強い地盤と判断されます。その他に「平板載荷試験」という方法もあります。一般的には直径30cmの円盤に荷重をかけて沈む量から地盤の強さを測定します。こちらも調査が大掛かりになり費用もかかります。非常に重要な地盤調査ですが手法も費用も異なりますので建物や敷地の状況に合わせて適切な方法を選択する必要があります。  

この記事を書いた人
木村 進 キムラ ススム
木村 進
subdirectory_arrow_right

関連した記事を読む

arrow_upward